皮膚科を利用した育毛剤の選び方

TOP > 育毛剤の使い方 > 自分に合った育毛剤を探すには皮膚科での診療がおすすめ

自分に合った育毛剤を探すには皮膚科での診療がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
顎に拳を当てて方に聴診器をかけた白衣の医師の写真

薄毛が気になり始めた時には、まずは皮膚科での診療を受けることが重要です。

しかし、あまり皮膚科を利用したことがないという方は少し不安にもなりますよね。

そこで今回は、薄毛治療における皮膚科の診療と育毛剤についてご説明します。

また、育毛剤の選び方や安価で購入する方法についてもご紹介します。

皮膚科に相談することが重要

自分に合った育毛剤を選択する際に非常に頼りになるのが皮膚科です。

皮膚科では、自身の薄毛の症状に合った薬を処方してくれます。

また、薬の効果や安全性についても詳しく説明を受けることができ、何か分からないことが合ってもすぐに相談にすることができるので安心です。

また、皮膚科では一般的に効果の強力な医薬品のものを処方されるので、短期間で集中的に薄毛の治療を行ないたい方にはおすすめとなっています。

皮膚科で処方される育毛剤は主に2種類

一般人男性の薄毛の9割とも言われるAGA(男性型脱毛症)

そのため、皮膚科で処方されるものはほとんどがこのAGAを治療する育毛剤となっています。そして、日本でAGA治療薬として許可されているのはプロペシアとミノキシジルタブレットの2種類のみなので、多くの場合このどちらかが処方されます。

また、どちらも内服タイプの育毛剤であり、AGAの原因である男性ホルモンを抑制する効果があります。

AGA治療薬は値段が高額になる場合も多い

薄毛の治療は基本的に保険適用外のため、プロペシアやミノキシジルタブレットといったAGA治療薬を処方してもらうにも多額の費用がかかってしまいます。

そのため、最近ではインターネットを通して成分が同じで価格の安いジェネリック医薬品を個人的に購入している方も多く、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなどが有名となっています。

また、このプロペシアとフィンペシアでは、1錠あたりの値段が5倍~10倍も違うのでジェネリック医薬品を個人で輸入する方が増えてきていることにも納得です。

薄毛の予防や初期状態には医薬部外品の育毛剤を利用しよう

薄毛がある程度進行している場合には、医薬品を使用した皮膚科での集中的な治療が必要ですが、予防や薄毛が初期の状態であれば医薬部外品で充分対応することができます。

医薬部外品の育毛剤はインターネット通販などで購入することでき、医薬品よりも効果が緩やかなことが特徴です。

また、副作用の心配が少なく値段も医薬品に比べて安価なものが多いことから、手軽に使用することができます。

皮膚科で診療を受けてみて、薄毛の症状がそこまで進行していないようであれば、医薬部外品の育毛剤を使用するというのも一つの手です。

自分に合った育毛剤の第一条件は安全性

医薬部外品の育毛剤を探している方で、自分に合った商品がどれなのか分からないという方は多くいらっしゃいます。

一昔前に比べて育毛剤の種類も非常に多くなってきているので、こういった悩みを抱える方が増えているのも頷けます。

ただ、自分に合った育毛剤と言うと、自分の症状に合ったものや価格が自分に合ったものを想像される方も多いですが、最も重要なのはその商品の「安全性」です。

育毛剤の中には、利用において副作用が起こる可能性があるものもあり、使用する際には充分に気を配る必要があります。

長期的に利用するものだからこそ安全面には気を配る

育毛剤は長期的に使用しなければその効果を実感することは難しいです。

基本的に効果が実感できるのは3ヶ月~6ヶ月と言われており、これは髪が生え変わるヘアサイクルの期間に関係しています。

ヘアサイクルとは、髪の元となる細胞が生まれてから成長し抜けるまでのサイクルのことです。

ただし、この期間には個人差があるため効果を実感できるまで半年以上かかる方も中にはいらっしゃいます。

このように長期間使用する必要があるため商品の安全性が重要となってくるのです。

無添加の育毛剤を選ぶように心がける

医薬部外品の育毛剤を選ぶ際は無添加の表記があるものを選ぶようにしましょう。

無添加の表記がないものには基本的に添加物が入っています。

たとえば、香りや見た目を良くするために香料や着色料が使用されている育毛剤も多いです。

しかし、これらの添加物は身体に何らかの悪影響を与える可能性があります。

また、アルコールなど刺激が強い成分も頭皮に何らかの異常を引き起こす可能性があるので要注意です。

商品を選ぶ際にも事前に皮膚科の医師に相談しておくと良いかもしれませんね。

薄毛が気になった時はまず皮膚科で診療を受けよう

薄毛が気になり始めた時には、まず初めに皮膚科での診療を受けるようにしましょう。

これは、皮膚科で診療を受けることによって、自分には即効性の高い医薬品での治療が必要なのか効果の緩やかな医薬部外品での対処で良いのかといったことを正確に知ることができるからです。

薄毛の症状は早く対処できるほど改善を見込めるので、自身で判断せずに必ず皮膚科の医師の意見を聞くようにしましょう。

関連する他の記事

医療費控除で育毛剤にかかるお金を節約できる!?
薄毛を改善するには育毛剤を定期的に購入する必要がありますが、かかる費用はバカにならないと言えます。…
購入前に要チェック!育毛剤のデメリット
育毛剤を使用するうえでどうしても発生するデメリット。ここでは、そんなデメリットとその対策法について…
1,000円台の育毛剤の効果には期待できる?
薬局やドラッグストアで1,000円台やそれ以下という値段で販売されている育毛剤を見かけることがあります…
若者必見!育毛剤は何歳から使っても良いの?
若い人が育毛剤を利用していることを見かける機会はあまりありませんよね。そのため、何歳から育毛剤を使…