20歳で育毛剤が必要になる原因

TOP > 育毛剤の使い方 > まだ20歳なのに!育毛剤が必要になる原因と使った際の効果

まだ20歳なのに!育毛剤が必要になる原因と使った際の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートパソコンを見て驚く男性の写真

一般的に20歳ごろはまだまだ薄毛とは縁がないと思われていますが、そのあたりの年代で薄毛の悩みを抱えている人はたくさんいます。

若年層であっても薄毛になったのであれば育毛剤の使用をおすすめします。

ショックが大きくてなかなか髪の悩みと向き合えない方もいらっしゃると思いますが、バージョンアップを繰り返し効果があると実証されている育毛剤もあるので、使わないのは逆にもったいないですよ。

今回は20歳早々で薄毛に悩む方に向けて、育毛剤が必要になる原因とどのような効果があるのかについて解説していきたいと思います。

20歳なのに育毛剤が必要になってしまう原因とは?

薄毛は歳をとってからなるものだと思う人が大半だと思います。しかし実は20歳ごろから薄毛に悩んでおり育毛剤を使っている方もたくさんいらっしゃいます。

なぜ若いうちから薄毛になってしまうのかその原因について見てみましょう。

偏食や睡眠不足などの不摂生な生活で髪に栄養が届かなくなる

20代に入ると友人同士で徹夜での飲み会を行なう機会なども増え、偏った食生活になりやすいです。

また、睡眠不足が続くと血管が萎縮してしまい、髪の毛への栄養が届きにくくなります。

さらにバランスの悪い食生活をしていることで、余計に髪が栄養不足になってしまい薄毛に繋がる原因となります。

不摂生が続くと自分の体で健康な髪の毛を育てることができなくなるということですね。

過度なカラーやパーマなどの施術で髪の毛と頭皮にダメージを与える

また髪の毛にカラーやパーマをかける人もいますが、基本的にこれらの施術は髪の毛にダメージを与えてしまいます。

カラーの施術をした際体質に合わないと薬品が頭皮の炎症を起こすこともあります。

このようにヘアカラーやパーマなどで使用する薬品は、髪や頭皮に大きな負荷を与える強い作用を持っているので、過度に施術を行うと髪の土台となる頭皮環境が乱れ薄毛の原因に繋がります。

成人になるにつれて増加する男性ホルモンにより髪の毛が薄くなる

また加齢による男性ホルモンの分泌も薄毛の原因になると言えます。

20代くらいの若さなのに年齢なんて関係あるの?と思う人もいるでしょうが成人を迎えると、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの分泌量が増加します。

それによって男性は成長とともにヒゲや胸毛が濃くなるのですが、男性ホルモンは髪の毛が薄くなる作用があるので、中には若い内から薄毛になる男性も出てくるというわけです。

悩める20歳に育毛剤はどのような効果を発揮してくれるのか

このように薄毛は単に加齢によるものではなく、実のところまだ20歳ぐらいの年齢で薄毛になったという男性も近年増えているようです。

若いうちから育毛剤を使うのは、と抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、若い人にもおすすめと言える製品もたくさん存在します。

ここでは薄毛の症状に育毛剤がどのような効果を発揮するのかについて解説していきたいと思います。

頭皮の血行不良を改善し髪の毛に栄養を行き渡らせる

育毛剤の主な効果は育毛という名のとおり髪の毛を育てることなのですが、単に髪を伸ばすということではありません。

もっと具体的に言うと髪の毛を育てるための頭皮環境を整えるというものです。

たとえばほとんどの育毛剤には頭皮の血行を促進させる有効成分が配合されています。

薄毛の多くは加齢などの理由によって頭皮が硬くなってしまい、血行が悪くなりそれによって髪に充分な栄養が行き渡らないことが原因となっています。

育毛剤に配合されているビワ葉エキスなどは、血行を改善させる効果がありこれによって硬くなった頭皮の血流を促し、弱った髪の毛に栄養が届くように働きかけてくれます。

髪の毛の生成に関わる毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化させる

また毛母細胞を活性化させる成分が配合されている育毛剤もあります。

毛母細胞は髪の毛の一番根本にある毛乳頭細胞の周りにあり、毛乳頭細胞から血流を受け取りそこに含まれる酸素や栄養が、毛母細胞へ送られることによって髪が作られるという仕組みになっています。

毛母細胞の働きが弱まることもまた薄毛の原因となります。そこで毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる、センブリエキスなどが配合されている育毛剤を使用することで、頭皮から髪の毛に栄養を供給することができるというわけです。

20歳のうちは副作用の心配が無い医薬部外品の育毛剤がおすすめ

育毛剤には市販で販売されている医薬部外品系と、医師から処方される医薬品系があります。

大抵は市販の医薬部外品として提供されているものを、購入するケースがほとんどであると言えるでしょう。

医薬部外品である場合は効果が緩やかに現れるので、効果が出る速さであれば医薬品の方に軍配があがります。

しかしその分肝機能の低下や男性機能の低下など、副作用が強いため医薬部外品の方が安全性が高いと言えるでしょう。

また薄毛の原因は様々ですが睡眠をしっかりと摂ったり、食事の内容を改善したりといろいろな対策を取ることもできます。

よほど深刻な症状で無いかぎりまだ20歳ごろの年齢であれば強い薬品は使わず、まずは副作用の心配が無い市販の育毛剤を使うことをおすすめいたします。

関連する他の記事

女性必読!レディース用育毛剤は効果が弱いというのは嘘
レディース用の育毛剤はメンズ用に比べて効果が弱いという話をよく聞きます。ここでは、それが本当なのか…
身体の内側から薄毛改善!内服タイプの育毛剤の種類や危険性
育毛剤といえば直接頭皮に塗布するタイプがスタンダードですが、内服タイプのものも存在します。ここでは…
飲むタイプの育毛剤と塗るタイプとはどう違うの?
育毛剤と聞くと頭に塗って使用するものを想像される方がほとんどだと思いますが、実は飲むタイプの製品も…
育毛剤は意味ない?薄毛が改善しなかった時に見直すべきこと
育毛剤なんて使っても意味ないという声は少なくありません。しかし、それは正しい選び方や使い方ができて…