育毛剤を使うと頭痛がする!?

TOP > 育毛剤の基本 > 医薬品タイプの育毛剤を使うとなぜ頭痛がするのか

医薬品タイプの育毛剤を使うとなぜ頭痛がするのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
医薬品タイプの育毛剤を使うとなぜ頭痛がするのか

育毛剤で頭痛やめまい又は吐き気などの副作用が起こるという話を聞いたことが無いでしょうか?

一般的な医薬部外品として販売されている育毛剤ならば、副作用が起こる心配はあまり無いのですが、発毛効果が高いとされている医薬品タイプの育毛剤である場合は副作用のリスクが大きくなります。

今回は育毛剤で頭痛などの副作用が起こる理由について解説していきたいと思います。

育毛剤の中には効果が高いが頭痛などの副作用を起こす可能性を持つものもある

育毛剤には発毛剤と呼ばれる種類の薬があります。発毛剤は医薬品に分類されるタイプの育毛剤であり、一般的には病院で医師から処方されるものです。

こちらは発毛効果が高いというメリットがある反面、多くの副作用を持つことも報告されており、その中には頭痛やめまいといった症状が含まれています。

ここではまず育毛剤と発毛剤の違いについて解説していきたいと思います。

発毛剤は薬事法によって医薬品に分類されている

育毛剤と一口に言っても実は薬事法により、大まかに医薬品/医薬部外品/化粧品の3種類に分けられています。

このうち一般的な育毛剤に該当するのは医薬部外品です。こちらはドラッグストアなどの実店舗やネット通販などで誰でも購入することができます。

しかし医薬品である発毛剤は通常市販されてはおらず、医師や薬剤師からの処方を受けた上でしか基本的に入手することはできません。

ちなみに化粧品に分類されるものはスカルプエッセンスと呼ばれており、こちらも通常の市販ルートから購入することができます。

発毛剤は一般的な育毛剤よりも大きな効果を持つというメリットがある

発毛剤は文字通り髪の発毛を促進させるものです。対して育毛剤は髪の成長を補助するものといった方が正確でしょう。

発毛剤には医療成分が配合されており発毛効果に関しては、市販されている育毛製品よりも大きいという特徴があります。

育毛剤には医療機関で使われるような成分は配合されていません。医療知識の無い人でも安全に使えるよう成分の効果を緩やかにしたものが、一般的な製品として提供されているのです。

よって発毛剤の方が薄毛治療でも大きな効果を発揮すると言えるのですが、その代わりに頭痛などの副作用が起こるというデメリットを抱えています。

医薬品の育毛剤を使用すると頭痛などが起こる原因は配合成分にあった

以上のように発毛剤は医薬品タイプの育毛剤であり、確かな発毛効果を持っているものの頭痛など様々な副作用を起こす可能性があるのです。

しかし育毛剤として使用するのに何故頭痛などの症状が起こるのでしょうか。

それには医薬品タイプの育毛剤に含まれている成分が関係しています。ここでは発毛剤に含まれているどの成分が原因となっているのかについて解説します。

ミノキシジルは血流を促進する効果がありそれが発毛効果に繋がった

医薬品タイプの育毛剤に含まれているミノキシジルは、 AGAの治療にも使われているれっきとした医療成分です。

ミノキジルは本来育毛剤ではなく血圧を下げるために開発された成分でした。この成分には血管を拡張し血行不良を改善する作用があるのですが、この作用により血流から体毛に栄養が多く行き渡るようになり、使用者には髪が増えるあるいは体の毛が増えるなどの効果が現れました。

しかしミノキジルが有しているのは体の毛を増やす効果だけではありません。

元々低血圧の人が使用すると血行が悪くなって副作用が出てしまう

ミノキジルは高血圧の人に処方される薬です。血圧を下げる薬ですので元々血圧が低い人が使用すると、逆に血の巡りが悪くなってしまうという作用があります。

低血圧の人は血管が広がってしまうと血液を送る圧力が減ってしまいます。結果血圧が下がりすぎて頭痛やめまいや吐き気などの症状が発生するのです。

育毛剤のミノキシジルを使う際にも血圧が低い人が服用した場合、同じような副作用が起こる可能性があります。

高血圧治療を受けている場合も副作用が出る可能性がある

かと言って高血圧の人がミノキシジルを使っても大丈夫というわけでもありません。

もともと医師から血圧を下げる薬を処方してもらっている場合、さらにミノキシジルを使うことによって余計に血圧を下げてしまうことになります。

その結果血圧が下がりすぎて血行が悪くなってしまい、やはり副作用が起きてしまうことがあるのです。

医薬品タイプの育毛剤は頭痛などのリスクがあるので市販の製品も検討してみよう

医薬品タイプの育毛剤を使用した場合血圧が下がる影響で、頭痛や吐き気などの副作用が発生するのは、ミノキシジルによる作用であることがお分かりいただけたと思います。

このような育毛剤を使ったときに副作用が出た場合はただちに使用を中止しましょう。

副作用が出たら使用を止めただちに病院で医師の診察を受けよう

ミノキシジルによる副作用は頭痛や吐き気だけではありません。

低血圧症肝機能障害などそれだけでは済まない、大きな異常が発生していることも考えられます。

副作用が出たらそれはミノキシジルが体に合わないというサインなのですぐに病院へ行き医師の診察を受けることをおすすめいたします。

副作用がこわいという人はまず市販の育毛剤から試してみよう

いくら効果が高くても副作用が気になるという場合は、医薬部外品として提供されている育毛剤から試してみましょう。

通常の育毛剤は誰でも使用できるように成分の効果が、緩やかに調整されているので副作用の心配はほとんどありません。

近年では最新の成分を配合している製品も、多く登場していますのでそちらもチェックしてみてくださいね。

関連する他の記事

まつげ用育毛剤を使用するメリット・デメリット
髪に使用するイメージが強い育毛剤ですが、まつげ専用の商品も存在します。ここでは、まつげ用育毛剤を使…
薄毛や抜け毛に悩まない!50代から使用を始める女性におすすめの育毛剤
50代にもなると身体のあちこちに支障が出てきます。そんな症状の一つが薄毛や抜け毛です。ここでは、50代…
徹底検証!育毛剤は薄毛に本当に効くのか?
ネット上で情報を簡単に手に入れられる時代なので、育毛剤には効果がないという情報を見かけることもある…
安い商品は効果なし?安いのに効果があるおすすめ育毛剤
日常的に使用しなければならない育毛剤。そのため、少しでも安く購入できると嬉しいですよね。ここでは、…