育毛剤は何歳から使っても良いのか

TOP > 育毛剤の使い方 > 若者必見!育毛剤は何歳から使っても良いの?

若者必見!育毛剤は何歳から使っても良いの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
顎に手を当てて悩む男性

最近は一昔前と比べても薄毛に悩む若者が増えています。

これは、コンビニ食やファーストフードなどの登場によって栄養バランスが偏ったり、インターネットやスマートフォンの普及によって運動不足の人が増えたりしたことが原因です。

こういった生活習慣の乱れが薄毛を引き起こしています。

そして、薄毛に悩むと気になるのが育毛剤。

しかし、育毛剤はある程度お年を召した方が使用しているイメージが強く、何歳から使用できるのか自分でも使用できるのか、といった疑問を持たれる方も多くなってきます。

若いと周りにもなかなか相談できないと思いますので、今回は育毛剤を使用できる年齢についてご紹介します。

育毛剤は何歳からでも使用することができる

テレビCMや雑誌などのメディアでは、あまり若い人が使用しているイメージがない育毛剤。

しかし一部を除いて、育毛剤は基本的に男女ともに何歳からでも使用することができます

ただし、何歳からでも使用できる商品が多いというだけで、稀に成分が強力なので未成年や女性の使用が禁止されているものもあるので、使用する際にはきちんと注意書きを確認するようにしてください。

また、育毛剤はほとんどの商品が医薬部外品ですが、効果の強い商品は医薬品に多いので医薬品を使用する際には特に注意しましょう。

何歳からでも使える安全な育毛剤の選び方

育毛剤には強力な成分が含まれていることがあり、これらを使用していると副作用に見舞われる危険性もあります。

特に未成年は成長過程のため、副作用の危険性が成人よりも高くなっています。

そのため、副作用のリスクを回避するためにも商品の安全性には気をつけて選ぶべきです。

基本的には、効果が強力な医薬品の使用は避け、添加物が使用されていない無添加の商品を選ぶと副作用のリスクはほぼありませんので、何歳からでも使用することができます。

未成年は使用を控えるべき育毛剤

育毛剤は何歳からでも使用できると言いましたが、以下の3つの成分が含まれているものは未成年の使用が禁止されています。

ミノキシジル
20歳未満は使用禁止
フィナステリド
20歳未満は使用禁止。女性は使用どころか触れることも禁止。
デュタステリド
20歳未満は使用禁止。女性は使用どころか触れることも禁止。

強力な成分は触れるだけで皮膚から浸透することもあり、触ることさえ禁止されている成分もあります。

基本的には何歳からでも使用できる育毛剤ですが、この3つの成分が含まれている製品の使用は絶対に避けましょう。

若者の薄毛の原因は生活習慣にあり

現代は、少しお腹が空いた時にはコンビニやファーストフード店などで、すぐに済ませられる非常に便利な世の中になりました。

また、インターネットやスマートフォンなど室内での娯楽も増えたので、運動量も昔に比べて減ったと言われています。

このような生活習慣の乱れが引き金となって、若いうちから薄毛に悩む方は年々増加傾向にあります。

染髪やパーマなども薄毛の原因

若いうちはおしゃれの一環として、髪を染めたりパーマをかけたりすることも多いですよね。

しかし、染髪剤やパーマ液は頭皮や髪に強いダメージを与えるので、頻繁に使用している方は注意が必要です。

また、ヘアアイロンなども髪に大きなダメージを与えるので、日常的に使用している方は使用頻度を控えたほうが良いでしょう。

ヘアワックスの洗い残しか毛穴の詰まりにつながる

最近は身だしなみとして当たり前のように使用されているヘアワックスやヘアスプレー

このワックスやスプレーを、使用後にシャンプーで全て洗い流せていない方が多く、これは若者の薄毛の原因の中でも多い割合を占めています。

ワックスやスプレーの洗い残しがあると、毛穴が詰まったり刺激によってかぶれや炎症が起こったりすることがあり、それが薄毛や抜け毛にもつながるので丁寧に洗い流すようにしましょう。

育毛剤はあくまで補助の役割

若い間の薄毛や抜け毛の原因はほぼ生活習慣が原因となっているので、ほとんどの症状は生活習慣を見直すことで改善することが可能です。

また、育毛剤はあくまで補助としての役割しか持っていません。

そのため、規則正しい生活を送っていることが前提となっています。

つまり、栄養バランスの良い食事など健康的な生活と過度のヘアアイロンや洗髪剤の使用といった髪や頭皮へのダメージを与える行為を行っていないことが薄毛の改善の近道となっています。

育毛剤は何歳からでも使用できる

育毛剤は基本的に何歳からでも使用することができます。

しかし、中には未成年や女性の使用が禁止されている成分が配合されている製品もあるので、購入前にはきちんと確認しましょう。

また、若いうちの薄毛は育毛剤を使用しなくても生活習慣の見直しで改善されることも多いので、商品の効果に過信せずに生活習慣の改善も並行して育毛剤の使用を行いましょう。

そうすると、若いうちは代謝なども活発なので比較的短期間で薄毛の改善が望めますよ。

関連する他の記事

生やすだけじゃない!育毛剤は薄毛予防にも使えるんです!
育毛剤は発毛や増毛だけでなく薄毛の予防にも使用することができます。最近抜け毛が気になっている人は是…
育毛剤によるかゆみの原因と対策
育毛剤を使用していると頭皮にかゆみが発生することがあります。ここでは、このかゆみの原因と対策につい…
未成年が使用してはいけない育毛剤と成分を徹底解説!
最近では、まだ高校生や大学1、2年生と未成年にも関わらず薄毛に悩んでいる方も多くなっています。そんな…
お手頃に試せる!3000円で買える育毛剤なら柑気楼がおすすめ!
育毛剤は製品に使われている成分や内容量で値段が大きく変わります。無暗に高いものを買っても続かない可…