agaに効果のある医薬品の育毛剤についてご紹介

TOP > おすすめ育毛剤 > agaに効果的な育毛剤なら医薬品を選ぶべし!

agaに効果的な育毛剤なら医薬品を選ぶべし!

このエントリーをはてなブックマークに追加
机に右手をついて左手を頭に当てて眉をしかめている男性の写真

薄毛に悩んで育毛剤を利用しているにも関わらず効果が薄いという方は、育毛剤選びに失敗している可能性が高いです。

育毛剤は全ての薄毛に効果があるわけではなく、商品によってそれぞれ効果のある薄毛の種類が異なります。

そんな中でも今回は、男性の薄毛の実に9割を占めると言われるagaに効果的な育毛剤についてご紹介します。

現代の男性に忍び寄るagaの魔の手

男性の薄毛の原因として不動の一位aga

その特徴としては額や頭頂部から薄毛が進行してくることがあり、これらの症状が表れている方はほぼ間違いなくagaと考えてください。

そして、このagaを予防するのに効果的なのが育毛剤ですが、実は育毛剤にもagaに効果があるものとそうではないものがあります。

男性ホルモンを抑制するものが効果的

agaの原因は男性ホルモンと言われています。

そのため、男性ホルモンを抑制する成分を含んでいるものがagaには有効です。

ただし、注意しなければならないのは症状のステージによって治療が難しい場合もあるということ。

もちろん、対処が早いほうが治療の効果も高くなるので、薄毛に気づいたらできるだけ初期の段階で育毛剤の利用を開始しましょう。

おすすめは医薬品の育毛剤

agaには専用の育毛剤が効果的であり、その中でも医薬品の製品が非常におすすめとなっています。

医薬品は高い効果が実証されており、更に短期間で効果が表れる即効性があるので、症状の進行が早いagaには非常に効果的です。

そのため、現在薄毛に悩んではおらず薄毛予防をするために利用する場合は医薬品部外品でも構いませんが、現在薄毛に悩んでいる場合は医薬品が断然おすすめです。

医薬品のデメリット

医薬品は効果こそ強力ですが、利用するにおいていくつかデメリットもあります。

まず、入手がするためには医師の処方箋が必要となってくるので、一般的な育毛剤のように簡単に購入することはできません

さらに、最も大きなデメリットとして挙げられるのが副作用のリスクがある点。

医薬品の育毛剤はその強力な効果故に副作用を引き起こしてしまう恐れがあります。

副作用の症状

現在副作用の症状として紹介されているのは、肌が拒否反応を示すための起こるかぶれや湿疹、血管拡張作用による動悸や目眩、男性ホルモン抑制作用による男性機能障害といったものが挙げられます。

また、副作用で髪が抜けることもありますが、これは初期脱毛といって健康な髪が生えるために不健康な髪が抜ける現象です。

育毛剤の効果が表れている証拠であり、しばらくすれば脱毛は止まるのでこちらの場合は少し様子をみましょう。

医薬品が合っていない人の特徴

医薬品には血流を良くする効果のあるものがあります。

そのため、心臓に持病がある方や血圧の高い方、低い方が使用するには注意が必要です。

また、効果が強力なので、肌が弱かったり、アレルギー体質だという方も使用には注意が必要です。

このような自体を避けるためにも、使用前に一度を行って自分の肌に合っているのかをきちんと確かめてから使用することをおすすめします。

医薬品にも内服薬がある

育毛剤は直接頭皮に塗布するタイプのものが有名ですが、口から飲む内服薬タイプのものがあります。

内服薬で有名な医薬品としてはプロペシアが挙げられます。

こちらは、agaに非常に効果があると人気の高く、実際にagaの予防効果は97~98%と高く、1年間で約6割の効果が認められています。

また、3年間の服用ではなんと約8割に効果が見られていることからも高い効果が望めそうです。

もし、内服薬タイプの育毛剤を利用してみたいという場合は、プロペシアを利用してみることをおすすめします。

内服薬にはメリットが多い

内服薬タイプにはメリットが多くあります。

まず、どこでも気軽に摂取できるという点。

旅先や仕事先でも持ち運びに困ることなく手軽に使用することができます

他にも、錠剤なので使用していて育毛剤であるとバレることもないので、外出先でも安心して使うことができます。

仕事など日常が忙しく、手軽に育毛を行ないたいという方には内服薬タイプの育毛剤はもってこい商品です。

海外の製品は避けたほうが無難

育毛剤を安く入手する方法として海外から個人輸入するという方法があります。

しかし、この海外から輸入する方法は実はあまりおすすめできません

海外製品は効果が強力なものが多く、成分による副作用のリスクが高まるからです。

また、医薬品の場合は特に危険性が高まるので、費用が安くなるからといって安易に輸入したものを利用しないことをおすすめします。

医薬品は諸刃の剣

医薬品の育毛剤は非常に効果が高く即効性もあるためagaの治療には向いています。

しかし、副作用のリスクは一般的な育毛剤よりも高く、入手するには医師の処方箋が必要となってきます。

そのため、使用するには副作用のリスクがあってもなんとしても薄毛を治したいという覚悟が必要です。

もし、あなたがどうしても薄毛を治療したいという場合には、医薬品の育毛剤は非常に心強い味方となってくれます。

関連する他の記事

育毛剤とスカルプエッセンスは何が違うの?
これから薄毛治療を行う人は、育毛剤とスカルプエッセンスの違いを知るべきです。効果や副作用について紹…
疑問を解決!育毛剤を使えば坊主でも髪を伸ばせますか?
「思い切って坊主にしてしまって翌日後悔」なんて経験をしたことがある人も男性には少なくありませんよね…
病院でもらえる育毛剤と市販の商品の違いは分類にあった!
薄毛に悩む方が、症状改善のために病院や専門のクリニックに通うことも昔に比べて多くなってきました。こ…
つむじハゲには男性ホルモンを抑制する育毛剤が効果的!
薄毛が気になり始めたときに使用を検討する育毛剤ですが、症状によって使う商品も選ばなければなりません…