年齢制限のある育毛剤について

TOP > 育毛剤の使い方 > 育毛剤の使用は何歳から?年齢によっては使用できない育毛剤

育毛剤の使用は何歳から?年齢によっては使用できない育毛剤

このエントリーをはてなブックマークに追加
顎に手を当てて左に首を傾ける女性の写真

一般的に育毛剤の使用に年齢制限はありません

ただし、年齢が若いうちから長期に渡って使用していると、思わぬ副作用が起こる可能性があるものも存在します。

今回は、年齢が若いうちから使用しないほうが良い育毛剤と絶対に使用してはいけない育毛剤についてご紹介します。

育毛剤は基本的に何歳からでも使用することができる

育毛剤は基本的に何歳からでも使用することができます

実際に、最近は学生や20代といった若いうちから育毛剤を使用している方も珍しくありません。

しかし、年齢が若いうちから使用する場合は商品の選び方にもいくつか注意が必要です。

無添加の製品を選ぶ

年齢が若いうちは基本的に添加物の入っていない製品を選ぶようにしてください。

微量な添加物であれば問題ないと考えている方もいらっしゃいますが、育毛剤のように長期的に使用する必要がある製品の場合は微量でも何らかの副作用を引き起こす可能性があります。

そのため、基本的に添加物が入っていない無添加の製品を購入するようにしましょう。

刺激の強い成分が含まれているものは避ける

年齢が若いうちは代謝が高く古いものを内部からが外部へと排出するため汗などをかきやすいですよね。

実は、これと同じように若いうちは外部から内部への吸収率も高くなっているので、ある程度年齢を重ねた人よりも若い人の方が育毛剤の成分も多めに吸収してしまいます。

エタノールのような刺激の強い成分を多く吸収してしまうと、炎症やかぶれの原因となることもあるので、年齢が若いうちから刺激の強い成分が配合されているものを使用するのは控えましょう

男性ホルモンに作用するも製品は若いうちから使用しない

育毛剤の中には男性ホルモンに作用するものも多くあります。

これらは基本的にAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛を治療する際に使用され、男性ホルモンを抑制する効果があるものがほとんどです。

これらを年齢が若いうちから使用していると、ホルモンバランスが乱れてしまうということも考えられます。

ホルモンバランスが乱れると体の成長に異常が起きたり、精力減退といったような症状が表れることもあるので、年齢が若いうちから使用するのは控えましょう。

心臓や血圧に問題がある方は血行を良くする製品の使用は控える

育毛剤には、髪への栄養付与を円滑にして髪の成長を促すために、血行を良くする成分を配合しているものも多くあります。

しかし、心臓に持病のある方や高血圧・低血圧の方がこれらを使用することで、目眩や立ちくらみといった症状が稀にですが報告されているので気を付けましょう。

もし持病がある方などは医師に相談してから使用するようにしてください。

医薬品の育毛剤には年齢制限のあるものも存在する

一般的に育毛剤に年齢制限はありませんが、医薬品の効果が強力なものの中には20歳未満の使用が禁止されているものも存在します

これらの使用は絶対に避けるようにしましょう。

ミノキシジルを成分に含んだ製品

ミノキシジルを成分に含んだ育毛剤として代表的なのは大正製薬のリアップなどがあります。

この成分には血管を拡張させる効果があり、元々は血圧を下げる目的で使用されていた薬です。

髪への栄養は血管を通して届けられるので、血管を拡張させる効果のあるミノキシジルは薄毛には非常に効果的なのですが、その強力な効果と引き換えに健康な方でも立ちくらみや精力減退といった副作用を引き起こす可能性もあります。

このように副作用が強力なため20歳以下の使用は禁止されています。

フィナステリドを成分に含んだ製品

こちらもミノキシジルと同じで20歳未満の使用は禁止されており、この成分を含む代表的な育毛剤はプロペシアなどがあります。

効果があまりに強力なので女性は触ることすら禁止されている成分です。

副作用としては勃起不全や嘔吐に加え、鬱病の発症も報告されています。

ちなみに、女性は触れただけで不妊になる可能性もあるので絶対に近づかないようにしましょう。

デュタステリドを成分に含んだ製品

デュタステリドはフィナステリドよりも効果も副作用も強力と言われている成分で、この成分を含む代表的な育毛剤はアボダードなどがあります。

元々前立腺肥大症のために作られた成分で副作用しては、性的不能や性欲減退に加えて胸が女性化する可能性もあります。

こちらも、20歳以下の方と女性は使用禁止となっており、フィナステリドと同じで女性は触れることも禁止です。さらに、服用から6ヶ月は輸血禁止といった決まりもあるほどなので、よっぽどのことがない限りは使用しないほうが賢明かもしれませんね。

若いうちから使用しないほうが良いものもある

基本的に育毛剤に年齢制限はありませんが、中には年齢が若いうちから使用しない方が良い育毛剤や20歳以下が絶対に使用してはいけない育毛剤も存在します

ただし、そのような商品は基本的には店頭に並ぶことは少なく、使用には医師の許可がいる医薬品のものがほとんどです。

そのため、安全に育毛剤を使用したいという方は購入する際に医薬品ではなく、医薬部外品の商品を選ぶようにしましょう。

関連する他の記事

日々の心がけで変わる!育毛剤をより浸透させるための方法
育毛剤の効果を発揮させるためには有効成分をうまく毛根まで届ける必要があると言えます。そのためには日…
徹底解説!発毛剤と育毛剤と養毛剤の違いとは?
名前が似ているため非常に紛らわしい、発毛剤と育毛剤と養毛剤。しかし、名前が似ているだけで、実はその…
手軽に使えて大人気!ドラッグストアで買える女性用育毛剤は効果あるの?
最近は育毛剤の購入と言えば、インターネットでの購入が主流となっています。しかし、ドラッグストアなど…
もしかして腐ってる!?育毛剤の消費期限が存在する
育毛剤にも食べ物と同じように消費期限が存在します。ここでは、育毛剤の消費期限についての説明や開封後…