育毛剤と髪が生える成分の関係について

TOP > 育毛剤のタイプ > 育毛剤には髪の毛が生える成分は入っていないってホント!?

育毛剤には髪の毛が生える成分は入っていないってホント!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソファに腰掛けて頭に手を当てる男性の写真

加齢による薄毛や脱毛に悩み、育毛剤に手を伸ばそうかと思った時に参考になるのがその商品の口コミ。

「この商品では髪の毛を生やす効果は実感できなかった」

「この商品を使っていて実際に髪が生えてきた」

参考にしようと商品の口コミを見ても、このように正反対の意見があり、正直なところあまり参考になりません。

そこで今回は、育毛剤で髪が生える・生えないと言われている理由について探っていこうと思います。

年を重ねると浮彫になってくる様々な髪の問題

50代に差し掛かった辺りから男女ともに、多くの方が髪に何かしらの問題を抱えるようになります。

「最近髪のボリュームがなくなってきてセットが難しくなった」

「抜け毛によって髪の生え際が後退してきて困っている」

このように髪が痩せて細くなったり、抜け毛の量が増えたといった症状も多く報告されています。

同じ加齢による薄毛でも原因は様々

加齢による薄毛と言ってもその原因は様々です。

最も多いのが、加齢による血行不良が薄毛の原因となっているパターン。

また、女性の場合は閉経や出産によって、ホルモンのバランスが乱れて薄毛が引き起こされているということも多くなっています。

また、薄毛には加齢だけではなく日々の生活習慣も密接に関わっていますので、栄養バランスの偏った食事や睡眠時間が毎日5時間以内というような生活リズム乱れている方は要注意ですよ。

育毛剤は薄毛の強い味方

残念ながら、加齢による薄毛を自分の力だけで食い止めることはできません。

しかし、だからといって薄毛や抜け毛といった症状の進行を防ぐことを諦めたくないという方も多くいらっしゃいますよね?

そんな時には思い切って育毛剤の力に頼ってみましょう。

育毛剤は植毛やカツラよりも安価で、昔とは違いインターネットと通じて簡単に手に入れることもできるようになったので手軽に始めることができますよ。

育毛剤で髪は生えない!?

「育毛剤を使ったら本当に髪が生えてくるの?」

このように半信半疑な方も多くいらっしゃいますが、実は育毛剤には髪の毛が生えるような成分は入っていません

これは、育毛剤が髪の毛が生える手助けをするものだからです。

成分からその効果を探る

先程、育毛剤には髪が生える成分は入っていないと言いましたが、では一体どのような成分が入っているのでしょうか。

育毛剤に入っている成分の効果はたくさんありますが、代表的なものは以下の3種類です。

  1. 血行を促進する作用のあるもの
  2. 栄養を付与する作用のもの
  3. 抗炎症・抗アレルギー作用のあるもの

この他にも保湿効果のあるものや男性ホルモンを抑制するもの皮脂の発生を抑制するものなど様々な成分が配合されています。

ただ、何度も言いますがやはり髪の毛が生えるような成分は入っていません。

髪が生えると言われる理由

「商品を使用していたら産毛が生えてきた!」

「商品を使用していたら髪の毛がフサフサになりました!」

ネットで商品の口コミを探してみるとこういった声がいくらでも出てきます。

これは、血行を促進することで髪へ栄養が行き渡りやすくなったり、保湿効果や皮脂抑制効果によって頭皮の環境が整えられたりして、髪が成長しやすい環境となったからです。

また、AGA(男性型脱毛症)の方は、原因である男性ホルモンを抑制する成分が入った商品を使用することで症状の進行を食い止めることもできます。

このように、髪が生える成分は入っていないものの、髪の成長を助ける成分は多く入っているため育毛剤で髪が生えるというのもあながち間違いではありません。

髪を生やしたい方は発毛剤を利用しよう

育毛剤は髪が生えるのを補助する効果しかありませんが、名前の似ている発毛剤には髪を生えるような成分が含まれています

そのため、育毛剤は症状の予防やなどの目的に使用される医薬部外品ですが、発毛剤は症状の治療に使用される医薬品という分類です。

医薬品は厚生労働省から薄毛の症状に効果があるときちんと認められている商品なので、その効果にも大きな期待ができます。

発毛剤には相応のリスクもある

発毛剤には髪が生えるような成分が含まれています。

そのため、効果は育毛剤より発毛剤のほうが強力です。

しかし、効果が強力なため副作用のリスクもあります

商品によって副作用の症状は異なりますが、頭痛や目眩から酷い場合は性機能不全や発作といった症状も報告されているので、使用する際には相応の覚悟が必要です。

また、もちろん育毛剤にはこういった副作用はありませんのでご安心下さい。

育毛剤で髪が生えるというのは嘘・・・でもない

育毛剤には髪が生えるような成分は含まれていません

しかし、髪の成長を助けるための成分は多く含まれています。

そのため実際に育毛剤を使用して薄毛の症状が改善した方も多く、髪が生えるというのはあながち嘘ではなさそうです。

また、育毛剤と似た名前の発毛剤には副作用のリスクこそありますが髪を生やす成分はきちんと含まれていますので、効果を実感したいという方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

育毛剤は薄毛の予防にこそ効果的
育毛剤は薄毛の症状が表れていなくても、薄毛の予防としては非常に有効です。ここでは、薄毛の予防におす…
てっぺんハゲとは言わせない!頭頂部の薄毛に効果的な育毛剤
生え際や頭頂部から薄毛が進行するAGA(男性型脱毛症)。ここでは、AGAの特徴である生え際や頭頂部の薄毛…
育毛剤は効果とかかる費用から選ぶ
育毛剤を選ぶ際には、値段の他にその効果が自分の薄毛の症状に効果的なのかをきちんと確認する必要があり…
失敗しない!育毛剤メーカーの選び方
育毛剤メーカーを全然知らなくて、何を選んだら良いのか分からないという方も多くいらっしゃいます。ここ…