種類と効果から自分に合った女性用育毛剤を探す

TOP > 女性向け > 自分に合った女性用育毛剤は種類と効果から探そう

自分に合った女性用育毛剤は種類と効果から探そう

このエントリーをはてなブックマークに追加
ピンク色のカーディガンを羽織って頬を膨らませている女性の写真

薄毛に悩む女性は一昔前よりも多くなってきています。

そんなときに女性の強い味方となってくれるのが女性用の育毛剤

しかし、たくさんの種類があって一体どれを選べば良いのか分からないという方も多くいらっしゃいます。

今回は、そんな育毛剤選びに悩む女性のためにその種類や効果にフォーカスして、自分に合った育毛剤を見つける方法をご紹介します。

育毛剤の種類は3種類

育毛剤の種類は医薬品・医薬部外品・化粧品の大きく分けて3種類あります。

医薬品が最も効果が高く、医薬部外品は効果が緩やかであることが特徴です。

化粧品は効果が証明されていないので、基本的には効果の弱いものの場合が多いですが、中には効果が強力なものもあります。

医薬品と化粧品を使用する際の注意点

医薬品は効果が強力で即効性も高くなっています。

しかし、強力な効果による副作用が起こる可能性もあります。

そのため、医師の処方箋がなければ購入することができなくなっており、入手するにも手間がかかります。

また、医薬部外品は薬事法によって配合できる成分が決まっているため安全は保証されていますが、化粧品はこの範疇ではありません。

そのため、強力な副作用を持つ成分が配合されている可能性もあり、使用には注意が必要です。

医薬部外品が最もおすすめ

基本的には、安全性や品質、入手しやすさも含めて育毛剤比較ゼミでは、医薬部外品の商品が最もおすすめとなっています。

「どうしても短期間で薄毛の治療がしたい」

「どうしても効果の強力なものを利用したい」

という方は医薬品の使用を検討すべきですが、副作用のリスクがあるということをくれぐれも忘れないようにして下さい。

女性用育毛剤の効果は大きく分けて6種類

女性用育毛剤の効果を大きく分けると下記のような6種類に分けられます。

・保湿効果
頭皮を保湿してフケの発生を防ぐ
・血行促進効果
血行を促進して栄養を届きやすくする。また、抜け毛の予防効果もある
・女性ホルモン補助効果
女性ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンに似た作用をすることによって薄毛を防ぐ
・毛母細胞活性化効果
髪の毛の元となる毛母細胞を活性化させて育毛を促進する
・栄養付与効果
髪の成長に必要な栄養素を与えて育毛を促進する
・皮脂分泌抑制効果
皮脂の分泌を抑制して毛穴の詰まりなどを解消する

育毛剤を効果から選ぶ方法

6つの効果を全て配合している育毛剤は珍しく、ほとんどの商品は6つのうち2~3つくらいの効果しか持っていません。

そのため、自分の症状の原因に効果的な成分が配合されている商品を選ぶ必要があります。

たとえば、冷え性で血行が悪く日々の食生活が乱れていて栄養が足りていないという方は、血行促進効果と栄養付与効果という2つの効果を持っている育毛剤を選ぶと効果的です。

年齢による育毛剤の選び方

ここまでの話をまとめると、医薬部外品で自身の症状の原因に効果的な育毛剤を選ぶと安全で効率的な薄毛の対策ができます。

しかし、たくさんの種類のある商品の中からそういった商品を選ぶのは難しいですよね。

そこで目安として年齢別に多い薄毛の原因とその原因に効果的な育毛剤をご紹介します。

まず、10代20代といった若い世代の女性の薄毛には、血行促進効果と保湿効果のある製品がおすすめです。

若い世代の薄毛の多くは生活習慣の乱れが原因です。

生活習慣の乱れは血行不良や頭皮の乾燥を引き起こすケースも多いため、血行促進効果と保湿効果のある製品が有効なのです。

30代は女性ホルモンの影響

30代の薄毛には血行促進効果と保湿効果に加え、女性ホルモン補助効果のあるものを選びましょう。

これは30代という若さでも女性ホルモンの減少が起こることがあることが理由となっています。

また、40代や50代血行促進効果と女性ホルモン補助効果に加え、男性ホルモン抑制効果のある製品を選びましょう。

基本的に女性用育毛剤には男性ホルモンを抑制する成分は配合されていないため、男女両方が使える育毛剤にも目を向けてみてくださいね。

60代以降は血行促進にフォーカスしよう

60代以降の女性は女性ホルモンの減少以外にも血行不良に原因がある場合が多いので、血行促進効果のある製品を選ぶようにしましょう。

60代以降ともなると血管が老化すること以外にも、運動不足や新陳代謝の低下などが原因で血流が悪くなります。

また、年齢を重ねると肌が乾燥しやすくなるので保湿効果のある製品であれば、さらに高い効果を期待できます。

つまり、60代以降の薄毛には血行促進効果と保湿効果のある製品を選ぶと高い効果が期待できます。

自分の原因にフォーカスした育毛剤を選ぶ

育毛剤を選ぶときには自分の薄毛に効果的なものを選ぶようにしましょう。

また、どうしても自身の症状の原因が分からないという場合は、例に出した年代を参考にしてその年代に効果のある育毛剤を選ぶようにしましょう。

また、副作用のリスクを避けて育毛を行いたいなら医薬品や化粧品よりも医薬部外品の商品を選ぶことをおすすめします。

ぜひ自分に効果のある育毛剤を選んで効率的な育毛を行いましょう。

関連する他の記事

人気育毛剤のチャップアップで確実に効果を得るための使い方を解説!
今や育毛剤で不動の人気を獲得しているチャップアップですが、効果があったという人もいればそうでないと…
育毛剤の使用をやめたらどうなってしまうのか?
育毛剤を使用して満足する効果が実感できた後に考えるのが、これからも使用を継続するかどうかということ…
ドライヤーが要?使い方だけで大きく変わる育毛剤の効果
育毛剤を使う際に、どのようにドライヤーを使ったら良いのか分からないという方も多くいらっしゃいますよ…
急に抜け毛が!育毛剤と初期脱毛の関係
育毛剤の使用を始めて急に抜け毛が増えたという場合は初期脱毛かもしれません。ここでは、育毛剤と初期脱…