薬局の育毛剤が女性に有効なのか

TOP > 女性向け > 薬局で買える育毛剤は女性の薄毛に有効なのか?

薬局で買える育毛剤は女性の薄毛に有効なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
顎に手を当てて悩んでいる白い服を着た茶髪の女性の写真

薄毛、抜け毛で悩む女性は増えている中、女性向けの育毛剤が注目を浴びています。最近では、薬局やドラッグストアでこういった商品を見かける機会も増えてきましたが、消費者として品揃えが豊富になった反面、良い商品と良くない商品の極めが難しくなったと言えます。

また、男性と比べて髪の毛が長い分、品質の悪い育毛剤を使ってしまうと副作用のダメージが計り知れません。

今回は本気で薄毛、抜け毛を改善したいという女性に向けて、薬局などで販売されている女性用育毛剤についてご説明します。

薬局で売っている女性用育毛剤は本当に効くの?

薬局で販売されている市販の育毛剤は誰でも簡単に買うことができますが、せいぜい気休め程度と考えている方も多いかと思います。実際に私もそう考えていました。そこで、長年薄毛に悩まされている私は、マツキヨ・サンドラッグ・コスモスなどの薬局で売っている商品を徹底的に調べました。

結論から言うと、市販の商品でも薄毛に効果がある成分を使っているものは多くあります。そのため、人によって程度の差はありますが少なくともある程度の効果が保証されています。

また、薬局で売られている女性用育毛剤のほとんどは医薬品や医薬部外品に指定されているもので、メリットデメリットはそれぞれありますが効果への期待も高くなっています。

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違い

薬局で市販されている女性用育毛剤は主に医薬品と医薬部外品の2種類があります。

医薬品とは病気の治療を目的としたもので、厚生労働省に有効成分の存在を認められているものを指します。

医薬品の商品といえば、ドラマの相棒でお馴染みの俳優さんが出演しているCMで有名なリアップですね。リアップはが実証されている成分ミノキシジルという発毛効果を配合しているので、効果があると断言できる商品です。

一方で、薬用とも呼ばれる医薬部外品は、厚生労働省に効果を認められた成分が一定の濃度・割合で配合されるものです。病気の治療というより予防・衛生を目的に作られています。そのため、医師や薬剤師などの専門家から処方箋を貰う必要はなく、気軽に購入できるというのがポイントです。

ドラッグストアなどで販売されている育毛剤はほとんど医薬部外品のものだと考えていいでしょう。また、医薬部外品にはミノキシジルのような発毛効果が実証された成分は配合されていないので、医薬品の製品より効果が緩やかなのは事実です。しかし、女性の方におすすめしたいのはこちらの医薬部外品です。

副作用が小さい医薬部外品の育毛剤がおすすめ

女性が育毛剤を選ぶ際に、発毛効果だけに注目して選ぶと非常に危険です。副作用もしっかり認識したうえでで自分に合った商品を選びましょう。

先ほど説明したリアップのような医薬品の育毛剤には発毛成分が配合されているので、発毛に関しての効果が高いことは確かです。そのため、男性に多い脱毛の症状には発毛効果の高い商品を使ったほうが良いですが、女性に多い髪の毛が細くなっているような状態の場合にはやはり医薬部外品の育毛剤がおすすめとなっています。これは、医薬品の中に入っている発毛成分のミノキシジルには副作用があるからです。女性は発毛剤を使用しなくても充分に対処可能な場合も多いので、副作用の心配が少ない医薬部外品のほうがおすすめとなっています。

妊娠中や授乳中の女性は医薬品の育毛剤を使っていけない

一般的に、女性用の医薬品育毛剤に入っている発毛成分は男性よりずっと少ないです。これは男性用の商品を女性が使うと副作用が深刻だからであり、包装には必ず女性は使わないでくださいという注意が記載されています。

また、男性向けよりも発毛成分は少ないので、女性向けの医薬品の商品を使えば副作用が出にくいかというとそうではありません。ミノキシジルのような発毛成分が入っている限り、頭皮の発疹、頭痛、心拍が早くなったりと重篤な副作用が出る可能性があります。使った本人だけではなく赤ちゃんに対しても悪影響が出てしまうかもしれないので、妊娠中や授乳中の方は医薬品の商品を絶対に使わないようにしましょう。それ以外の場合でも、アレルギー体質の人や高血圧や低血圧な人などは使うことに制限がかかります。

その点において、医薬部外品は完全に副作用がないとは言い切れませんが、妊娠中や授乳中でも使用規制がなく副作用が表れた場合も痒みが出る程度です。ほとんど地肌が見えるほど深刻な抜け毛ではない限り、おすすめなのはやはり医薬部外品の育毛剤です。

薬局で育毛剤を買うデメリット

薬局で販売されている育毛剤のほとんどは医薬部外品なので女性におすすめとお伝えしてきましたが、薬局で販売されている商品にはデメリットもあります。それは「返金保証がない」ことです。

薬局は家から近いし気軽に買えますが、基本的に返金ができないのです。医薬部外品の育毛剤はそもそも効果が緩慢で、人によってなかなか効果を感じられないかもしれません。しかし、一回使った以上効果があってもなくても返金はしてもらえないので、お金が無駄になるリスクがあります。

一方で、本当に薄毛改善効果に自信がある専門メーカーは、独自のルートで販売しており、「効果がなければ返金いたします!」という強気の保証がつくことが多いです。

薬局で安いからと思って買った育毛剤は効果が見られにくく、ついつい色々なものを試してしまいます。その結果、想定していたよりも高くついてしまうこともあります。このようなことが起こらないように自分の体質を認識して、効果、副作用、費用を全般的に考えてから購入しましょう。

関連する他の記事

どっちが効果的?医薬品と医薬部外品の育毛剤
医薬品と医薬部外品の育毛剤は、効果の強さや副作用などにおいて違いがあります。その違いとどちらが自分…
人気育毛剤のチャップアップで確実に効果を得るための使い方を解説!
今や育毛剤で不動の人気を獲得しているチャップアップですが、効果があったという人もいればそうでないと…
育毛剤ならこれ!20代女性に人気の商品3選
最近は20代といった若いうちから薄毛に悩む女性が増えています。そんな時に頼りになるのが女性用育毛剤で…
多くの育毛剤に含まれているセンブリエキスとは?
日本では昔から親しまれてきたセンブリ。この植物のエキスが髪にも良いということが分かってから、多くの…