40代男性におすすめの育毛剤

TOP > 男性向け > 育毛剤が今後の命運を分ける?40代男性が薄毛予防始めたほうが良い理由

育毛剤が今後の命運を分ける?40代男性が薄毛予防始めたほうが良い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
スーツ姿の男性が顎に手を当てて険しい顔をしている写真

男性は30~40代で薄毛が始まることが多いと言われています。

これは、この辺りからテストステロンの分泌量が徐々に低下し、AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロンが多く分泌されようになるからです。

このようなことになる前に男性ホルモンを抑制する成分が入っている育毛剤で予防を行いましょう。

今回は、40代から育毛剤を使って薄毛予防を始めることの重要性について説明します。

40代から育毛剤の使用を始めたほうが良い理由

皆さんは育毛剤を薄毛や抜け毛に悩んでいる方だけが使用するものだとは思ってはいませんか?

実は、育毛剤を30代や40代から予防の目的で使用している方は多く、そのような方は60代や70代になっても薄毛や抜け毛に悩まされることなく生活している場合が多いです。

自分はまだ大丈夫なんて思っていると、ある日突然薄毛や抜け毛に悩む日がやってくるかもしれませんよ。

40代男性に非常に多いAGA

30代~40代男性の薄毛はAGAである可能性が非常に高くなっています。

AGAは男性における薄毛の9割を占めると言われているほどで、前頭部や頭頂部から薄毛が進行してくることが特徴です。つまり、世間ではM字ハゲやてっぺんハゲと言われているのは、AGAの症状の特徴となっています。

また、AGAは悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが原因であり、このジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部に作用しやすいので、症状にこのような特徴が見られるのです。

30代40代はジヒドロテストステロンが増加する!?

AGAの原因であるジヒドロテストステロンは、筋肉などを生成する善玉男性ホルモンのテストステロンに体内の5α-リダクターゼという酵素が反応して生まれます。

そして、男性は25~30歳くらいまでがテストステロンが分泌されるピークとなっており、それからは徐々に分泌量は低下していくようです。

テストステロンが減少すればジヒドロテストステロンも減少するので薄毛とはむしろ遠ざかるように思いますが、テストステロンの分泌量が減るとそれを補うために5α-リダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンは増えるという意見もあります。つまり、テストステロンの分泌量が低下し始める30代や40代はAGAになりやすいと言えるようです。

40代男性の薄毛予防に適した育毛剤

現在40代で薄毛とは無縁という方も、この時期から予防を始めておいて損はありません。

AGAはよる薄毛や抜け毛を予防するためには、男性ホルモンを抑制するオウゴンエキスやヒオウギエキスといった成分が含まれているものがおすすめです。

ただ、最も重要な点は継続して使用できる育毛剤を選ぶことで、使いやすい価格かどうか肌に合ったものかどうかなどといったことが最も重要となっています。

予防の目的であれば効果は緩やかなものがおすすめ

育毛剤の中には非常に強力な成分を配合している製品もありますが、予防が目的の場合にはこれを使用するのはおすすめしません。

なぜなら、効果の強力なものは副作用のリスクもあり、予防をしていたら逆に副作用で症状が進行してしまったということがないとは言えないからです。

基本的に予防の場合は効果が緩やかなもので充分ですので、あまり強力なものは使わないようにしましょう。

現在薄毛や抜け毛に悩んでいる40代の方は医薬品の発毛剤を使うのも1つの手

既に薄毛や抜け毛が進行していて早急に治療を行いたいという方は、効果が強力で即効性のある医薬品の発毛剤を使用するのも一つの手です。ただし、発毛剤は効果が強力なため副作用のリスクもあることをしっかり理解して使用するようにしてください。

また、使用には医師や薬剤師の処方箋が必要な製品もあるので、使用したい場合は病院や専門のクリニックへ行くと安心ですよ。

医師から処方箋されることも多いプロペシア

プロペシアは、AGA治療薬として日本で許可されている飲むタイプの発毛剤です。

実はAGA治療薬として利用される前は、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されていたものとなっています。

プロペシアに含まれる成分であるフィナステリドは、AGAの原因である男性ホルモンを抑制し、乱れたヘアサイクルを正常に戻してくれるようです。

プロペシアには恐ろしい副作用も・・・

AGAに対して非常に強力な効果を発揮するプロペシアですが、効果が強力なだけあって当然副作用も存在します。

フィナステリドが男性ホルモンに作用するため、副作用も性欲減退や勃起機能不全といったものが多く、酷い場合はうつ病を発症する可能性もあるようです。

そのため、妊活中などで子供を望んでいる方は使用を控えることをおすすめします。

40代から薄毛予防を始めよう

30代40代になると薄毛に悩む方も多くなってきます。この年代の薄毛や抜け毛はAGAが原因である場合がほとんどなので、AGAの原因である男性ホルモンを抑制する成分が含まれている育毛剤を使用するようにしましょう。

髪はその人の印象を決める大事なパーツなので、40代から薄毛予防を始めて50代60代も若々しい見た目を保ってください

関連する他の記事

疑問にお答え!薬用育毛剤の薬用って何?
色々な育毛剤を見ていると、商品名に薬用と付く商品も多いことに気が付くと思います。ここでは、この薬用…
50歳,60歳を過ぎてからでも遅くない!髪の毛のある生活
60歳以上も30歳も薄毛の原因は同じ!育毛剤の効果はどの年齢でも実感できるのです。薄毛の原因や、60歳以…
眉毛にも有効?育毛剤は髪以外にも効果があるのか
最近は太眉がブームとなっており、眉を濃くしたいという方も多くなっています。ここでは、眉毛にも効果が…
育毛剤の使用は何歳から?年齢によっては使用できない育毛剤
基本的には育毛剤に年齢制限はありませんが、中には使用しない方が良いものや年齢制限のある製品もありま…