成分にこだわりたい男性におすすめの無添加育毛剤

TOP > 男性向け > 頭皮が敏感肌な男性には無添加の育毛剤がおすすめ!

頭皮が敏感肌な男性には無添加の育毛剤がおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭皮が敏感肌な男性には無添加の育毛剤がおすすめ!

育毛剤は髪ではなく頭皮に塗ることで育毛効果を発揮させるもの。となれば地肌への影響にも気をつけるべきであると言えます。

なぜなら健康な髪は健康な頭皮がなければ育てることができないからです。

肌に付けるものであるからこそ肌が敏感な人であれば、育毛剤に含まれる成分には特に注意した方が良いでしょう。

育毛剤にも刺激性を持つ成分が配合されている場合があるので、男性の方でも無添加の製品にこだわっている方も多く存在します。

今回は無添加の育毛剤が持つ特徴や選び方についてご紹介していきたいと思います。

無添加の育毛剤は女性のほか男性も使えるものが多く肌に優しい!

オーガニックや無添加の育毛剤と言うと女性用のイメージが強いかもしれませんが、男性用の育毛剤でもちゃんと存在します。

具体的に言うときっかりと分かれているということではなく男女兼用の育毛剤に多いと言えるでしょう。

男女兼用の育毛剤は頭皮への刺激が少ないものが多い!?

男女の性別問わず使用できる育毛剤は頭皮への刺激を考慮した製品となっている場合が多いです。

実は薄毛になる原因は男女それぞれ異なるとされており、さらに女性の頭皮はよりデリケートで繊細であると言われています。

よって地肌に余計な刺激を与えないよう人の肌に近い弱酸性や、添加物による刺激の心配が無い無添加の製品が最適と考えられています。

自然由来の成分を使用し肌への刺激を抑えてあるので敏感肌の人も安心

スカルプケア製品には特に様々な成分が配合されているので、配合されている成分によっては刺激が強くて育毛剤が肌に合わないという人も実はたくさんいます。

そのせいで薄毛を改善することを諦めざるを得なかったという人もいますが、自然由来の成分で無添加の製品であるなら肌への刺激をできるだけ抑えてありますので、頭皮が敏感でデリケートな男性も安全に使用できるというメリットがあります。

成分にこだわりたい男性がオーガニック無添加の育毛剤を選ぶ際に気をつけたいポイント

オーガニックや無添加のスカルプケア製品が増えていると言っても、男性専用のものはまだまだ少ないのが現状であると言えます。

ここでは成分にこだわって安全に育毛剤を使用したいという人のために、どんな基準で育毛剤を選べば良いのかそのポイントをご紹介していきたいと思います。

石油系由来や植物オイルを使っていないか成分表示で確認しよう

オーガニック成分配合の製品でも中には化学成分を使用している製品も存在します。

石油系由来の化学合成物質や香料などがその典型なので、成分表示から何由来の成分なのかしっかりと見極める必要があります。

特に注意したいのが植物オイルを使った製品で、こちらも植物由来と言うことができるので非常に紛らわしいと言えます。

強い刺激になるアルコール成分が入った育毛剤にも注意

また頭皮への強い刺激になるアルコール成分にも注意が必要です。アルコール成分は製品の品質を保つ防腐剤として使用されます。

しかし洗浄力がかなり強いため頭皮を守るために必要な常在菌まで殺してしまう、乾燥肌の元になるなどといったデメリットもあります。

とくにアルコールでかぶれやすい人はアルコールフリーの育毛剤であるかどうかもきちんとチェックしておきましょう。

近年の男性育毛剤もオーガニックや無添加にこだわる時代へ突入!

昨今ではオーガニック素材を使った製品や無添加の製品が注目を集めていますが、育毛剤もまた同じ傾向が現れていると言えます。

化粧品やスキンケア商品と同じく育毛剤もまた頭皮に付けるもの、つまり地肌につけるものだからというのが理由として挙げられるでしょう。

スカルプケア製品には発毛成分のほかに添加物も配合されている

薄毛になった場合その進行を止めるために育毛剤が使われるわけですが、そもそも薄毛になる原因は多くの場合頭皮環境の乱れが原因となります。

男性ホルモンの過剰分泌や加齢による血行不良などが原因で弱った頭皮に、環境改善効果のある成分や栄養を供給するのが育毛剤などのスカルプケア製品です。

これらのような製品には多種多様な成分が配合されています。頭皮環境を改善させる又は毛母細胞を活性化させ発毛を促進させる成分のほか、エタノールなどのアルコール成分や香料などの添加物も含まれています。

敏感肌の人が近年増えており育毛剤メーカーでも化学成分による影響を考慮する動きが出ている

またミノキシジルなどの強い作用を持った化学成分を配合している製品もあります。

化学合成によって生成された成分や添加物は、比較的強い作用を持つもののそれによる副作用などの悪影響も持っています。

人によっては影響を受けない場合もありますが、近年はアレルギー体質を持つ人が増えている傾向にあり、発毛効果のほかに化学成分による肌への影響も考慮する必要が出てきました。

ましてや育毛剤は長く使用していかなければ効果を発揮することができないので、化学成分による頭皮への影響はより大きなものとなるのは考えるまでもありません。

よって従来の男性用育毛剤に多かったアルコール成分の強い製品ではなく、よりオーガニック素材にこだわり無添加の育毛剤が注目されはじめているのです。

関連する他の記事

女性必読!レディース用育毛剤は効果が弱いというのは嘘
レディース用の育毛剤はメンズ用に比べて効果が弱いという話をよく聞きます。ここでは、それが本当なのか…
身体の内側から薄毛改善!内服タイプの育毛剤の種類や危険性
育毛剤といえば直接頭皮に塗布するタイプがスタンダードですが、内服タイプのものも存在します。ここでは…
10代20代からでもOK!若者向け育毛剤の特徴
薄毛を気にする若者は年々増えてきています。ここでは、そんな若者の薄毛の原因や対策について触れていき…
つけすぎは逆効果!正しい育毛剤の使用方法
育毛剤のつけすぎで効果が上がることはなく、頭皮の炎症など様々な副作用を招く恐れがあります。そこで今…