育毛剤とワックスを一緒に使っても大丈夫?

TOP > 育毛剤の使い方 > 影響はある?育毛剤とワックスを使っても大丈夫なのか知りたい!

影響はある?育毛剤とワックスを使っても大丈夫なのか知りたい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
影響はある?育毛剤とワックスを使っても大丈夫なのか知りたい!

育毛剤を使っているときにふと、ワックスは頭皮に悪影響なのではと心配になったことは無いでしょうか。

普段朝の身支度でヘアスタイルを作るために、整髪料を使っている人もたくさんいらっしゃると思います。

ヘアスタイルをキープするためや髪の広がりを抑えるために、整髪料が欠かせないけれど頭皮や育毛剤への影響があるとすれば見逃すわけにはいきませんよね。

そこで今回は育毛剤を使った際にワックスをつけても大丈夫なのかどうかについて解説していきたいと思います。

育毛剤を使っている人は注意!?ワックスをつけるとハゲになるって本当?

ワックスをつけるとハゲの元になるという話を聞いたことが無いでしょうか。

確かに整髪料の類は髪に良いという印象はありませんよね。しかも育毛剤を使っている人にとっては、それが事実であれば由々しき事態であると言えます。

結論から言うと整髪料をつけること自体が、薄毛の原因となるわけではありません

しかし髪や頭皮に余計な刺激を与えるので、それが薄毛の原因に繋がる可能性はあります。

整髪料に含まれる界面活性剤が抜け毛の元に!?

整髪料には界面活性剤という物質が含まれており、整髪料のほかに洗剤などにも使用されています。

石油系の界面活性剤が配合されている場合、頭皮への刺激が強く髪の毛が細くなる原因になります。

界面活性剤によってヘアスタイルを作りやすくなるのですが、付けることで髪を変性させてしまい抜けやすい髪の毛になる可能性があるのです。

整髪料が頭皮にある毛穴を詰まらせる原因になる可能性も

整髪料が汗などで髪から頭皮へ流れおちると毛穴が詰まる原因となります。

毛穴が詰まると髪が成長するための栄養や酸素が吸収しにくくなるほか、毛穴から出る皮脂が酸化して抜け毛の原因になると言われています。

整髪料を使用することでこれらのような影響が少なからずあるため、直接の原因とはならないまでも誤った使い方をすることで薄毛に繋がる可能性があると言えます。

そのため整髪料による頭皮への影響を最小限にして、育毛剤と一緒に併用するには正しい使用方法を知っておく必要があるのです。

育毛剤とワックスを併用するときに気をつけておきたいポイント

育毛剤とワックスを併用すること自体は問題ないものの、薄毛を改善するにはいくつか気をつけておきたいポイントがあります。

育毛剤と整髪料をバランス良く使用するために以下では、使用時の注意についてまとめてみました。

頭皮や髪がベタベタになるほど整髪料を付けすぎないようにする

整髪料を多量に付けると髪の毛から、頭皮へ流れていき毛穴を塞いでしまいます。

毛穴からは皮脂が分泌されるのですが、整髪料で出口を塞がれてしまうと皮脂がつまり、ニキビができるなど頭皮が荒れる原因となります。

また毛穴につまった皮脂が酸化すると頭皮へ余計な刺激を与えてしまいますし、育毛剤の有効成分が浸透するのも邪魔されてしまいますので、髪や頭皮がベタベタになるほど付けすぎるのは禁物です。

ダメージの元になるので整髪料が頭皮に付着しないようにする

育毛剤は髪の毛ではなく頭皮へ直接付けるものですが、上記でもご紹介したように整髪料は頭皮へ刺激を与える成分が配合されているものもあるので、頭皮には付けないように気をつけましょう。

頭皮に整髪料が付着することで毛穴がつまる原因となり、毛穴の皮脂が酸化することでフケやかゆみ等の症状や抜け毛の原因になる可能性があります。

乾燥の元になるのでシャンプーで洗いすぎないように注意

ワックスなどの整髪料は一度付けると、なかなか落ちにくいので簡単には洗い落とせません。中には整髪料を落とすために1回のシャンプーでは済まさず、2回シャンプーしている人もいるくらいです。

しかしシャンプーは洗浄力が強く使いすぎると、頭皮を守るための皮脂が洗い流されてしまいます。

皮脂が無くなると頭皮が乾燥してしまい、外部からの刺激から守ろうと余計に皮脂を出そうとします。これがまた抜け毛の原因となりますので、整髪料を付けすぎないようにしてシャンプーの使用量も調節できるようにしましょう。

育毛剤とワックスの併用はできるが頭皮へのダメージを考えて使うことが大事

このように育毛剤とワックスをはじめとした整髪料の併用は可能であるものの、頭皮への影響を考えて使う必要があると言えます。

先程も述べましたが石油系や植物オイル由来の界面活性剤が配合された整髪料は、髪や頭皮への刺激が強いため薄毛を改善したいなら使用はおすすめできません

使い方だけでなく天然有効成分の製品であるかも把握しておこう

上記のような界面活性剤は頭皮へのダメージを蓄積させることで、毛根を弱らせ抜け毛を招く可能性がありますので、可能ならば育毛剤と併用する場合は石鹸系や脂肪酸エステル系などの、天然由来の植物系界面活性剤が配合された整髪料を選ぶようにしましょう。

植物系由来の成分は低刺激性なので頭皮へのダメージも抑えることができます。

名前が似ていますが植物系オイルとは異なるので間違えないように注意しましょう。

こちらでご紹介した情報を参考に育毛剤とワックス、それぞれの使い方に注意して薄毛を改善していきましょう!

関連する他の記事

育毛剤を朝に使用する際に気をつけるべきこと
朝と夜の1日2回使用するものが多い育毛剤。そんな育毛剤も朝と夜で使用方法を変えたほうが効率の良い育毛…
薄毛の症状別!育毛剤は症状にマッチしたものを使うのがベスト
育毛剤は自分の薄毛の症状にベストマッチした商品を選ばなければ、せっかく使用していてもあまり効果を実…
影響はある?育毛剤とワックスを使っても大丈夫なのか知りたい!
育毛剤を使っている人の中にはヘアスタイルを作るためにワックスを使っている人もいるでしょう。その際の…
不妊になる危険性がある!?副作用を踏まえたうえで育毛剤を選ぼう
育毛剤を使用することで不妊になる恐れがあるということを知っていますか?今回は育毛剤の使用で不妊が起…