医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いを解説

TOP > 育毛剤の基本 > どっちが効果的?医薬品と医薬部外品の育毛剤

どっちが効果的?医薬品と医薬部外品の育毛剤

このエントリーをはてなブックマークに追加
注射器と薬の入った瓶の写真

育毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類があります。

前者は効果が強い代わりに、副作用が表れる可能性が医薬部外品より高くなっています。

これ以外にも、購入方法や使用方法に大きく違いがある医薬品と医薬部外品。

今回は、それぞれの違いから状況別にどちらのタイプを購入すべきかを解説します

医薬品と医薬部外品の違いは効力

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いはその効果の強さ

前者のほうが効果は強く、医薬部外品のほうが効果は緩やかです。

そのため、医薬品の育毛剤は一回の使用量や使用方法が細かく決められており、これを守らないと副作用が表れる可能性が高くなります。

対して、医薬部外品の育毛剤は一回の使用量などが明確には決まっておらず、多めに使ったとしても副作用が表れるということは滅多にありません。

副作用が心配な方は医薬部外品の育毛剤を購入することをおすすめします。

医薬品は国が認めたもの

医薬員はその商品の効果が厚生労働省など国から認められているものを指します。

つまりは実際に髪が生える効果があると国が認めた育毛剤です。

逆に、医薬部外品は効果があったとしても国が認めたわけではないものを指します。

髪の生える効果があると国が認めた成分が入っていても、商品自体の効果を国が認めていなければそれは医薬部外品となります。

よく厚生省認可という医薬部外品の育毛剤を見かけますが、あれは配合成分が厚生省から認可されているという意味であって商品自体が国に認められたものではありません。

医薬品は手軽には買うことができない

医薬品の育毛剤は効果が強力なために、ドラッグストアやコンビニでは取り扱っていません。

そのため購入を検討する際は薬局へ行く必要があります。

また、国が認めた製品なので値段も高く、金銭的な負担も大きくなることを頭に入れておかなければなりません。

よく金銭的な問題で使用を中止してしまう方もいらっしゃいますが、育毛剤は日常的に使用することで効果を発揮します

途中で止めてしまうと全てが水の泡となってしまうので、長期間使う覚悟を決めてから購入を検討してください。

医薬品には医師の処方箋が必要

医薬品の育毛剤を買うには医師等による処方箋が必要となります。

そのため、薬局などでそのまま商品をレジへ持っていっても購入することはできません。

また、最近はインターネット上で購入することも可能となりましたが、こちらで購入する際にも薬剤師の確認と個人の同意が必須であるとのメッセージが表示されます。

初めての購入を検討している方は、一度医師や薬剤師へ相談することが必要となってきます。

また、最近は髪の悩み専用のクリニックも存在するので、薄毛について詳しく相談したい方はそちらを利用してみてください。

日常的に使うなら医薬部外品の育毛剤

冒頭で書いたように医薬品の育毛剤は非常に強力ですが、副作用のリスクも考えられます。

そのため、今すぐに薄毛を改善したいという場合の集中的な治療には向いていますが、薄毛の予防を始めたいという場合の日常的な使用にはあまり向いていません

日常的に薄毛予防・対策を行いたいと考えている方は、副作用が限りなくゼロに近い医薬部外品のほうがおすすめです。

また、値段も医薬部外品のほうが断然お得となっています。

日本で販売されている医薬品の育毛剤はリアップのみ

現在、無添加のものやノンアルコールのものと様々な育毛剤が市場には出回っています。

しかし、実は日本で販売されている医薬品の育毛剤は大正製薬のリアップのみとなっており、それ以外の製品は全て医薬部外品です。

また、どうしてもリアップ以外を利用したいという場合は、海外から取り寄せることが可能ですが、海外のものは効果が強力なものが多くあまりおすすめはできません

報告されている成分による副作用

リアップの販売元である大正製品。

その大正製薬が医薬品の承認申請時に提出したデータによると、リアップの副作用率は8.0%

また、実際の症状としては、血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞といった循環器系の異常、発疹・かゆみ・かぶれといった皮膚系の異常、頭痛・めまい・胸痛といった神経系の異常、急激な体重増加、手足のむくみといった代謝系の異常が副作用として報告されています。

リアップを利用する際には、これをきちんと把握した上で利用するようにしましょう。

副作用が出たら使用を中止して医師へ相談

副作用の症状は持病や予兆などがなくても唐突に表れます

よく育毛剤の副作用を感じながらも育毛効果を実感しているので、使用を続けたいという方がいらっしゃいますが、一旦育毛剤の使用は中止して、医師と相談してみてから利用を再開するようにしてください。

副作用が表れた時に自己判断で誤った行動を取ってしまうと、後遺症など取り返しのつかないことに繋がる恐れもあります。

育毛剤を使用していて何か異常を感じた場合は、即刻使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

使用目的に合わせて医薬品・医薬部外品を選択しよう

効果が強力な医薬品と緩やかな医薬部外品。

それぞれがメリットとデメリットを持っているため、自身の状況に応じてうまく利用する必要があります。

薄毛の治療を集中して行いたい方には医薬品薄毛の予防・対策を日常的に行いたい方は医薬部外品の育毛剤を利用するのがおすすめです。

関連する他の記事

値段と効果は比例する?育毛剤を激安商品に頼らないほうが良いわけ
ドラッグストアなどで販売されている激安育毛剤。しかし、本当に効果が期待できるのかという部分には不安…
つむじハゲには男性ホルモンを抑制する育毛剤が効果的!
薄毛が気になり始めたときに使用を検討する育毛剤ですが、症状によって使う商品も選ばなければなりません…
いつから効くの?育毛剤の効果が表れ始める期間
育毛剤の効果を得るには長期的に利用することが第一条件となります。今回はその効果がどのくらいの期間で…
コスパ重視!おすすめ女性向け育毛剤3選
育毛剤は日常的に利用するものだからこそコスパの高いものを選びたいですよね。ここではそんな女性に向け…